こんにちは😀

滑石教室の野濱です。急に寒くなってきましたね。風邪を引かれませんよう
お気を付けくださいませ。

さて、この時期になりますと年賀状を作成している方も多いのではないでしょうか?

2017年6月1日(木)から郵便料金の改定により、通常はがきの料金が62円になりましたね。
たかが10円されど10円!

しかし、年賀状は52円で出すことができるのです。「郵便局~ Good Job!」
と叫びたいところですが、
年賀はがきを52円で差し出すことができる期間が決まっています。

『2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)まで』という条件付きです。

期間外で差し出す場合は、さらに10円分の切手を貼り足していただく必要があるそうです。
そして喪中はがきの料金は通常はがきと同じ62円だそうです。ご注意くださいませ。

ところで、「お年玉付き年賀はがき」って楽しみの一つですよね。
私の場合、当たらないことが多いし当たっても切手シートですが・・・

その点、現在開催中の年賀状発表会だと参加賞は全員もらえます。
ふるってご参加下さい!
詳しくはインストラクターへお尋ねくださいませ。
年賀状を出さなくても発表会のために作成しませんか?

話が逸れましたが、お年玉付き年賀はがきにまつわる話を一つ。
十数年も前、私がまだかわいい少女だったころの話です・・・。

我が家からの年賀はがきを受け取った方々から、
「1等のカラーテレビ10番違いなんだけど」
「3番違いなんだけど」
「私の次に書いた人って誰? 1番違いだった。くやし~い」
と抗議の声(笑)が当選番号発表の当日から、会う人会う人、中には電話をかけてくる人までいました。
メールやラインじゃないところが時代を感じますね(笑)

しかしながら、「当たったよ!!ありがとう!!!」という連絡は一向にない。
「当たっても秘密にしてるのかな~」と、家族で話してたのですが、
1週間たっても、2週間たっても当たった人があらわれない。

「誰も当たってないってことは、もしかして・・・?」

ありました!!表に大きくバツ印がついている書き損じのはがきこそが当選はがきだったのです(笑)

ベタな落ちで申し訳ないですが本当の話。

ちなみに

2018(平成30)年用年賀はがき等のお年玉商品の内容は・・・

1等:セレクトギフト(12万円相当)又は現金10万円

2等:ふるさと小包など

3等:お年玉切手シート

必ず、書き損じもきちんと確認するようにしてくださいね。

次は愛宕教室の先生方、よろしくお願いいたします。